精神科医の転職を成功させる医師求人サイト選び

精神科専門医

精神科専門医の資格の取得条件や更新期間などについてまとめています。

精神科専門医制度と資格取得条件

精神科専門医制度とは、精神医学・精神医療について、一定以上の知識・態度・技能があることを日本精神神経学会が認定し、国民が安心して受診できるようにするための制度です。

精神科専門医制度は平成17年から20年度までの過渡期措置期間を経て、平成21年度から新規専門医認定試験がスタートしています。

受験資格として以下の3つの要件を満たしていることが必要になります。

  • (1)日本国の医師免許証を有するもの
  • (2)専門医研修の開始時に日本精神神経学会員であるもの
  • (3)5年以上の臨床経験を有するもので、研修施設において施行細則に定める研修ガイドラインにより精神科臨床研修を3年以上受け、その課程を修了したもの(なお、上記の研修を開始するものは研修申請書を学会に提出のこと)

過渡期措置期間では、審査は症例報告3例と面接だけでしたが、現在は研修手帳の提出・症例報告10例・筆記試験・面接が審査内容となっています。

更新に関しては、更新を申請するまでの5年間に、専門医制度委員会が指定する研修会、研究会への参加等により所定の単位を取得すること。

また、5年に1回は日本精神神経学会総会に参加し、研修セミナー等を受講することを原則としています。

なお、ケースレポートのみによる更新は認められませんが、ケースレポートの提出と、それに付随する口頭試問を合格すれば、取得単位を合算して所定の単位を取得することは可能です。

 
精神科医の医師求人サイト徹底比較!